気候変動に配慮した、よりクリーンな輸送のためのキャンペーンについてのご質問がありますか?私たちがお答えします。

Ship It Zeroは、世界最大の小売企業に100%ゼロ・エミッションの海上輸送を実現してもらうための、気候変動と公衆衛生に関するキャンペーンです。私たちは、環境団体、消費者、海運業界の専門家の連合体であり、消費者や気候変動の支持者を巻き込みながら、アマゾン、イケア、ターゲット、ウォルマートなどの小売企業に、ゼロ・エミッションの海上輸送部門への変革を先導するよう働きかけています。

Ship it Zeroは、 ClimateWorks Foundationの支援を受けています。ClimateWorks Foundationは、規模の大きい気候変動対策を革新し、加速するための慈善団体のためのグローバルプラットフォームです。クライメート・ワークスは、気候変動対策を推進するための知識、ネットワーク、ソリューションをフィランソロピーに提供するグローバルなプログラムとサービスを提供しています。2008年以来、ClimateWorksは40カ国以上の600以上の助成団体に13億ドル以上の資金を提供してきました。

アマゾン、イケア、ターゲット、ウォルマートなどの小売企業は、お客様や気候の未来に対して、ゼロ・エミッションの海運業への道を切り開く責任があると考えています。海運会社の主要顧客であるこれらの企業は、市場にシグナルを送り、真にゼロエミッションである、より健康的でクリーンな海上輸送の新しい基準を設定する機会があります。小売企業は、すでに消費者に対していくつかの重要な気候変動に関するコミットメントを行っていますが、今こそ、これらのコミットメントを海に持ち出し、海運業界を変革するチャンスなのです。

そうです。ゼロエミッションの海上輸送を実現するためのソリューションは、もうすぐそこまで来ています。すでに、船が航行するたびに地球温暖化の原因となる排出物を30%削減する技術が存在します。今後数年のうちに、炭素を一滴も燃やさずに貨物船を航行させる技術が登場するでしょう。風力、バッテリー、グリーン水素、グリーンアンモニアなどのゼロエミッション燃料への投資は、海運・サプライチェーン業界をより環境に優しいものにするだけでなく、港湾・沿岸地域の大気環境や公衆衛生の向上にもつながります。真の意味でのゼロエミッション船は2024年に就航する予定であり、企業はこの初就航に向けて貨物を送るために今から列を作っておく必要があります。

ビッグ・オイルに後押しされて、液化天然ガス(LNG)やバイオ燃料のような燃料や、排気ガス浄化システム(ECGSまたはスクラバー)のような技術は、気候の緊急事態を緩和し、大気をきれいにするには不十分です。大手石油会社と大手海運会社は、既存の燃料基準で重油を使い続けるために、これらの誤った解決策やいわゆるブリッジ燃料を推進しており、また気候目標を達成するために炭素クレジットを利用しています。私たちは、真の意味で気候にやさしく、健康を守ることができる唯一の船舶用燃料は、風力、バッテリー、グリーン水素、グリーンアンモニアなど、真にゼロエミッションでなければならないことを知っています。

ご協力ありがとうございました。シップイットゼロの使命は、お客様に情報を提供し、関心を持っていただき、お客様が声を使って好きなブランドに改善を要求できるようにすることです。オンラインショッピングのボイコットや抗議行動をお願いしているわけではありませんが、ブランドがお客様の意見を大切にしていることは承知しています。私たちには力があり、私たちのポケットの中には強力なアドボカシーツールがあります。アクションページでは、お気に入りのブランドが気候変動問題への取り組みをリードし、2030年までに海上輸送の排出量をゼロにするという大胆な約束をするために、どのような行動をとることができるかをご紹介しています。

最新情報を読む
ソリューションの一部となる。